【初心者向け】トレンドブログのライバルチェックはこれだけでOK!具体的なやり方と重要な3つのポイント

トレンドブログ ライバルチェック 初心者向け

トレンドブログにおけるライバルチェックのやり方について解説していきます。

めい
ライバルチェック、してますか??

トレンドブログではキーワード選定が最も重要ですが、その次に大事なのが「ライバルチェック

せっかく検索されるキーワードを選べたけど、すでにライバルがいっぱいいるレッドオーシャンだった、なんてことはよくあることです。

トレンドブログでは、スピード感も大事なので、キーワードを選定したらなるべく早く上位表示させたい!というのが鉄則でもあります。

そこで、今回は初めてトレンドブログを運営する人のために押さえておくべきライバルチェックの3つのポイントと具体的なやり方について解説していきます。

トレンドブログでライバルチェックをする目的

ライバルチェックとは、

狙っているキーワードで実際に検索をして、検索結果の1ページめに掲載されているライバルサイトのタイトルにキーワードが含まれているのかどうか、コンテンツにはキーワードに対する検索意図が書かれているのか、というところをチェックすること

つまり、自分がこのキーワードで記事を書いて上位表示できるかどうかを確認する作業です。

 

トレンドブログでライバルチェックをする一番の目的はズバリ

早く上位表示させるためです。

 

トレンドネタは情報の鮮度が命。

話題になっているその瞬間に、自分の記事を検索エンジン上に反映させて、

検索結果の1ページ目(あわよくば一位)に入っていることが重要なのです。

そのために、ライバルチェックをしていきます。

トレンドブログでライバルチェックで重要な3つのポイント

トレンドブログのライバルチェックで重要なポイントは3つ

  • ライバルの数が少ない
  • ライバルの強さが弱い
  • ライバルの種類が適切かどうか
めい
以下、順番に解説していきますね!

1.ライバルの数が少ない

これがトレンドブログにおけるライバルチェックの大原則です。

当たり前ですが、そのキーワードを使って記事を書いているサイトの数が少なければ、自分にも上位表示できるチャンスがある、ということですね!

特に、ドメインパワーが弱いうちは、ライバルがいるとなかなか自分にはチャンスが回ってきません。

なるべくライバル数が少ないキーワードを選ぶことが大事になります。

 

2.ライバルの強さが弱い

たとえライバルの数が少なくても、強豪ばかりでは絶対にそのサイトより上にいくことはできません。

ライバルの強さをチェックすることはとても重要です。

狙ったキーワードで検索をしてみて、その結果に出てきたサイトの種類で判断していきます。

戦うべきではない強豪サイト

Wikipedia

Yahooニュース、ライブドアニュースなどのウェブニュース

サンスポ、東スポ、日刊スポーツ系のスポーツ新聞

公式サイト

やや強いサイト

Naverまとめ系のキュレーションサイト

ドメインパワーの強いトレンドブログ※

めい
いわゆる、誰でも知っているような大手企業のサイト、ということですね

こういうサイトが1ページめを埋め尽くしていたら、狙ってはいけません。

  • キーワードに1語足してずらしてみる
  • キーワードを変える

ということが必要です。

やや強いキュレーションサイト系は、ドメインが強くなってくる中級レベルになると、個人のブログでも勝てることがありますが、

ドメインパワーが弱いうちは避けたほうが無難です。

 

では、個人のサイトが戦えるサイトはどんなサイトなのでしょうか?

個人が戦える狙い目のサイト

無料ブログ(アメブロ、はてなブログなど)

Yahoo知恵袋、発言小町のような質問サイト

同じような個人のトレンドブログ

めい
このようなサイトが上位表示していたら、狙い目!

 

なお、個人のトレンドブログでも弱いサイトなのか強いサイトなのかは見分ける簡単な方法があります。

以下、後述していきます。
トレンドブログの強さを調べる方法

3ライバルの種類が適切かどうか

実際に狙っているキーワードで検索をしてみたら、

  • Youtubeばかりが上位表示していた
  • アマゾンや楽天などの物販サイトが上位表示していた

ということは何を意味しているでしょうか?

Youtubeが上位表示していた=動画が見たい!が検索意図

→ブログはお呼びでない可能性が高い

 

アマゾンや楽天ばかりが上位表示していた=買い物がしたい!が検索意図

→ブログはお呼びでない可能性が高い

そのキーワードに対する検索意図がそもそもブログを求めていない、という可能性が高いので、キーワードを変更するのがいいでしょう。

 

トレンドブログでライバルチェックをする具体的なやり方

では実際にトレンドブログにおけるライバルチェックの具体的なやり方を説明します。

 

手順1
ネタ選定
 

先ずは何を書くのかネタを選定します。

めい
ニュース、テレビ、季節の話題、なんでもよいです!

 

今回は「お花見」を例にします。

手順2
キーワードを選定する

メインキーワード+2語、3語の複合キーワードを選びます。

トレンドブログでは、キーワード選定ツールは使わなくてもOK

まずはYahoo虫眼鏡からキーワードを選定してみましょう。

Yahooで、メインキーワードを検索して、その後に続いて出てくる虫眼鏡を複合キーワードとして選びます。

 

今回の例では

「お花見」なので、まずは実際に検索をします。

こんな風に、次に続くキーワードを表示してくれるので、ここからまず2語目を選びます。

今回は「お花見 持ち寄り」を選びます。

まだ続く言葉が出てきますね!

このキーワードは、「虫眼鏡」と呼ばれるキーワードで、

この部分と

下にも反映されています。

今回は「お花見 持ち寄り おすすめ」を3語目に選んでみます。

 

トレンドブログのキーワード選定のやり方については、こちらで詳しく解説しています。

Yahoo虫眼鏡を使ったキーワード選定のやり方

 

Twitterからキーワード選定をするやり方
【トレンドアフィリエイト】Twitterからキーワードを選定する方法

 

手順3
ライバルの数をチェック
 

キーワードを決めたら、実際のライバルの数をチェックして、ライバルが少ないキーワードを選んでいきます

まずは目視でざっとチェック・・・

目視でもチェックできますが、検索エンジンの機能を使って大まかな数はすぐにチェックすることができます。

Yahooの場合:条件検索をする

 

Googleの場合:allintitle:を付けて検索をする

 

Yahooの条件検索(intitle)、Googleのallintitle、の詳しいやり方はこちらを参照してください
【トレンドブログ】ライバルが少ないキーワードを選定する方法と手順

 

これで、「お花見 持ち寄り おすすめ」をタイトルに含むサイトの件数は、およそ55件ある、ということがわかりました。

めい
ちょっとライバル多いかな・・・

 

ライバルが多いかな、というときはもう一度2語目に戻って検索をし直します。

今度は「お花見 持ち寄り 温かいもの」を選んでみます。

条件検索をしてみると・・・

めい
ライバルがいない!

こういうのは、狙い目かもしれない!ということが考えられます。

注意

条件検索で得られる結果は、その「言葉」を含んでいるかどうかだけを確認できる機能です、

その「意図」は含まれていません。

例えば、漢字とひらがなやカタカナで、意味は同じでもそれが条件検索には反映されないので異なる結果が出ます。

また、機械がやっていることなので、全てが反映されていないこともあります。

条件検索で出てきた結果が全てではないので、参考程度にしましょう。

2020年AIはかなり賢くなっているため、キーワードを含んでいなくても検索意図を満たしている記事は上位表示している場合が多々あります。

なので、今は「検索意図」は何なのか、「検索意図」を満たす記事を書く、ということが重要になってきます。

手順4
ライバルの強さをチェック
 

キーワードを含んだタイトルのサイトは少なそうだ!

次はライバルサイトの強さをチェックします。

ライバルの強さをチェックするのは以下の項目

  • 上位表示しているのが大手サイトばかりではではないか、
  • 上位表示しているのが動画サイトばかりではないか、
  • 上位表示しているのが物販サイトではないか、
  • 1ページ目に無料ブログや知恵袋がないか
  • 1ページ目に同じようなトレンドブログがいるか

これらを総合的に判断します。

 

今回の「お花見 持ち寄り 温かいもの」で検索結果を見てみると・・・

ドメインを見てみると個人のサイトばかりであることがわかりますね。

めい
ドメインだけで判断できないときは実際にクリックしてチェックしてみましょう!

 

例えば、「お花見 持ち寄り おすすめ」の検索結果を見てみると

トップはクックパッド

3つのキーワードを含んでいないのに上位表示しています。

これは、大手サイトなのでドメインが強いからであり、この場合、1位は取れない、ということがわかります。

つまり、大手サイトが多ければ多いほど、上位表示が難しくなるので、大手サイトがいるかいないか、というのは重要は視点になります。

 

と、同時に、

動画サイトはいないか?

物販サイトはいないか?

という点もチェックしていきましょう。

例えば

こんな結果が出たときは、NGということですね!

上位表示がブログ記事出ない場合、検索意図がブログを求めていない、ということも考えられます。

そういう場合は、キーワードを変更する必要があるからです。

手順5
ライバルの記事の質をチェック
 

ここでは「検索意図を満たすための記事を作成する」ための行動にもなりますが、

上位表示しているサイトには何が書かれているのかを必ず確認します。

  • 共通している情報は?
  • 差別化になっている情報は?
  • 画像の枚数
  • 見出しの構成

をチェックし、全ての情報を網羅できるようにチェックします。

 

実際に「お花見 持ち寄り 温かいもの」で上位表示しているこの10個のサイトの内容をチェックして、上記項目を一つずつ調べていきます。

全部チェックしていると、必ず共通した内容、差別化になっている情報、というのが見えてきます。

めい
ライバルのサイトを見て、「私のほうがもっとうまく書ける!」と思ったときは思い切って勝負しましょう!

 

検索意図を満たすための記事を作成するポイントはこちらを参考にしてみてください
▶作成中

ここまでがトレンドブログでライバルチェックをする具体的な手順と方法です。

トレンドブログのライバルチェックにツールは必要?

ドメインパワーなど、サイトの強さを簡単にチェックできる無料のツールがたくさんあります。

SEOチェキ

GoogleChromeの拡張機能「Moz Bar」

パワーランクチェックツール

ウーバーサジェスト(※2020年一部有料になっています)

もちろんツールを使って調べてもいいのですが、トレンドブログの場合そこまで詳しくチェックする必要はないです。

めい
時間がもったいないからですね!

 

トレンドブログの強さなら、もっと簡単に把握する手段があります。

トレンドブログの強さを簡単に調べる方法

ライバルのトレンドサイトの強さを推測できるポイントは以下の通り。

  • 記事数
  • 運営歴
  • 更新頻度
  • 人気記事ランキング

一つずつ解説しますね。

記事数

これまで公開された記事数を見て、そのブログがどのぐらいトレンドブログとして運営されているかチェックすることができます。

300記事ぐらいあると、かなりドメインパワーがついている可能性が高いです。

 

更新記事は、ブログのトップページにいき、

この部分をチェックすると、ざっとなん記事ぐらいあるのか目視でチェックすることができます。

ロン
このブログなら100記事ぐらい、というのがわかるね!
めい
トップページはどのテーマを使っていてもだいたい10記事ぐらい表示されているのでわかりやすいですね

 

運営歴

ブログ運営歴も参考になります。

ブログのサイドバーにアーカイブがあれば、その一番古い年号がブログ開設の年である、ということが推測できますし、

アーカイブを表示していないサイトなら、一番古い記事がいつ公開されたものなのかをチェックすると運営歴がわかったりします。

めい
自分と比べて運営歴が長い場合や、2年ぐらい運営しているブログであればドメインパワーに差がある可能性が高いです

更新頻度

現在の更新されているブログなのかも重要です。

ブログ更新頻度もGoogleの評価されるポイントである、とも言われています。

過去に更新していたブログより、現在更新しているブログのほうが評価が高い可能性はありますし、

現在更新されていないサイトであれば、今後は勝てる可能性がある、ということを示しています。

人気記事ランキング

意外と盲点なのが、人気記事ランキング

このランキングを見て、1位の記事が最近の記事が当たっている記事なのか、過去の記事が当たっている(いた)のか、ということからドメインの強さやサイトの勢いを予測することができます。

昔の記事が当たっているだけなら、これから伸びてくる自分のサイトが後々上位表示できるチャンスはある、という風に判断できますね!

 

…ということは、自分のサイトには人気記事ランキングは置かないほうがよかったりもしますね。

めい
ライバルに自分のサイトの情報が漏れてしまいますね

 

MEMO

トレンドブログの強さを測るこれらの項目は、検索意図を調べるときにも重要です。

なぜなら、ドメインパワーだけで上がってるサイト、というのがあるからです。

ドメインパワーだけで上位表示しているサイトの情報は検索意図を満たしていない場合があります。

その情報を網羅してしまうと、余計な情報を入れてしまっている可能性もあるからです。

情報を鵜呑みにせず、検索意図を読み取ることが重要になります。

 

検索意図を満たす記事についてはこちらを参考にしてみてください。
▶作成中

 

トレンドブログのライバルチェックのやり方まとめ

トレンドブログにおけるライバルチェックの具体的なやり方をまとめてみました。

ポイントは3つ

  • ライバルの数が少ない
  • ライバルのドメインパワーが弱い
  • ライバルの種類

これは必ず確認しましょう。

あと、これは感覚的な部分もありますが、狙ったキーワードで実際に検索をして、ライバルチェックをしてみて

「私のほうがもっとうまく書ける!」

と感じたら、多少難易度が高くても挑戦してみる、という姿勢はとても大事だったりします。

  • ライバルの記事の質

というのも指標になるので、この4つのポイントを意識してライバルチェックをしていくといいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA