【AdSense】関連コンテンツはいつから貼れる?開放される条件を予想してみた!

※これは私がブログを始めた頃の経験談です。

 

Adsenseで広告を貼り始めて早2ヶ月(201811/14頃)

目標としていた「関連コンテンツユニット」の表示がようやくできるようになりました!

めい
 初心者ブロガーにとっては1つ壁を乗り越えた感じがします!

 

私は2018年9月にAdSenseに合格し、2018年11月14日に関連コンテンツユニットが開放されました。

ロン
約二ヶ月かかっているね!

 

いつごろから、どんな条件で関連コンテンツユニットが使えるようになるのか、人によって異なるので、誰かの参考になればと私のケースを記録しておきたいと思います。

Adsenseの関連コンテンツユニットとは?

AdSenseの関連コンテンツユニットとは

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに他のコンテンツを簡単に宣伝できる無料のサービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるため、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、ひいては広告収益の増加につながります。

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間も 10% 向上します。

AdSenseヘルプより

記事の下にある

AdSenseの関連コンテンツ広告

こういう広告のことですね!

自分のコンテンツの中に広告が混ざっているので、クリックされやすい、という特徴があります。

ヘルプの説明にもあるように、関連コンテンツユニットが解放されてブログに掲載できるようになると収益がアップすること多いです。(要検証)

Adsenseの関連コンテツユニットはいつごろから貼れるようになる?

AdSense審査に合格したばかりの頃は、関連コンテンツユニットが未だ解放されていないので貼ることができません

いつ頃、どんな条件で関連コンテンツユニットが解放されているのでしょうか?

 

AdSenseヘルプでは明確な条件は提示されておらず

関連コンテンツ ユニットを利用するには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。サイトがそうした要件を満たしているかどうかは、AdSense アカウントの [サイト] ページで確認できます。

とあります。

つまり、Googleの方でこのサイトは条件を満たした、ということが確認できると関連コンテンツユニットを掲載することができるようになる、ということです。

 

関連コンテンツが開放されたかどうか確認する方法は

手順1

サイト>関連コンテンツをクリック

 

 

手順2
関連コンテンツが表示されるか確認
 

「コンテンツが一致」をクリックすると、現在関連コンテンツユニットが掲載できるサイトが表示されています。

ここに表示されていないサイトは関連コンテンツユニットを配置することができません。

表示されている場合: そのサイトのページに関連コンテンツ ユニットを配置できます。
表示されていない場合は、現時点では関連コンテンツ ユニットを利用できません。

関連コンテンツが解放される条件とは?

Googleでは関連コンテンツがいつから貼れるようになるか、という明確な条件は提示されていません。

私の場合は、トレンドブログ実践3ヶ月めで関連コンテンツが貼れるようになりました。

PV数は約25000/月

 

私のコンサル生では、早い人で2ヶ月目で解放された人もいます。

その方は2ヶ月目のPVが40000/月超。

 

しかし、このサイトは2019年3月から運営していますが、未だ関連コンテンツが開放されていません。

月間PVは3000~4000PV

このことからも、関連コンテンツはAdSenseを取得してからの期間ではなく、PV数に関連しているのではないか、ということが考えられますね。

トレンドブログはアクセス数を集めやすいので、関連コンテンツも早く開放されるのではないかと予測できます。

 

関連コンテンツまとめ

AdSenseの関連コンテンツについてまとめてみました。

関連コンテンツユニットが使えるようになると、AdSenseの収益性はぐっと高まります。

最初の1~2ヶ月はとにかくPV数を効率よく集めてブログを強くしていくことに注力していきましょう!

そうすることで、早く関連コンテンツが使えるようになり、同じ労力でも稼ぎやすい状態を作っていくことができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA