ネガティブな感情が成功の秘訣?

ネガティブ

 

ネガティブな感情が成功の秘訣!?

今はコロナの影響で世の中全体が暗いので、気持ちも落ち込み気味になってしまいますが、

人間ってもともとポジティブよりネガティブな感情に陥りやすい生き物です。

仕事で「よくできた!」って褒められて嬉しい気持ちだったのに、

すぐに別のミスが発覚して上司や先輩に注意されると、その嬉しい気持ちは吹っ飛んで落ち込んでしまったり、

楽しい時間を過ごしたはずだったのに

彼に言われたちょっとした一言でずどーーんと凹んでしまったり、

すぐに悲観的になってしまったり、後ろ向きな気持ちになってしまうことってあるあるなんですよね。

そんな私もめちゃめちゃネガティブ人間。

一見、

「悩みなさそうだよね!」って、

友人に言われたりするのですが、全然そんなことはなくて、

いつも

めい

「私なんかダメだ・・・」
「私には無理だ・・・」

 

という思考になりがちだし、

他人の目がものすごく気になるタイプなので、

(こんなこと言ったら嫌われるのでは…)

と心配ばかりしています。

 

でも実は、

ネガティブな感情は成功への道標

なんですよね!

ネガティブって聞こえは悪いですが、裏を返せば「慎重である」ということでもあります。

日本でも昔から

「石橋を叩いて渡れ」

とか

「転ばぬ先の杖」

ということわざがあるように、

用心に用心を重ねて行うことは大切なことです。

それに、

ネガティブな人はいつも

”最悪のケース”

を先に考えています。

家を出るとき、ガス止めてたっけな?火事になったらヤバい…

と不安になるのでダブルチェックは欠かせないし、

子どもを連れて出かけるときも、人混みで迷子になったら…見つからなかったら…

人身売買されてしまうかも!?(めっちゃ大げさですが…苦笑)

という想像をして、

迷子防止のグッツを使ったりしながら、神経を尖らせて気をつけています。

めい
(だから子ども連れて出かけて帰ってくるとヘトヘト…苦笑)

 

要は、

リスクの先読み」ができているので、

最悪のケースにならないための努力はするし、だからこそ頑張れるんですよね!

 

だから、

ネガティブな感情って決して悪ではないんです。

ただもちろん、

ネガティブをネガティブなまま放置しておくのはNGなので、

あぁ私今めっちゃネガティブ…と感じたら、

そのネガティブをうまく利用しちゃえばいいんです。

ネガティブを受け入れよう!

ネガティブを利用するにはちょっとコツがいります。

それは、

「ネガティブを受け入れて客観的に自分を見る」

ということです。

 

例えば、

「上司に怒られた…」


上司に認められなくて
悲しい気持ちになってるんだな…

と、客観的に自分の感情を把握する。

 

「友達とうまくいかなくて辛い…」


友達に言われた言葉に
納得できなくてモヤモヤしてるんだな…

と、客観的に自分の状態を把握する。

 

「なんか今日はやる気でないな…」


昨日寝るのが遅かったから
やる気がでないのかもしれないな…

 

こんな風に、なぜ自分がそう思うのかな?ということを考えてみるんですね。

そうすると、
その時の感情に左右されず、冷静に判断できるし、幅広い視点で物事を考えられたりします。

これは、
テニスのフェデラー選手も実践していて、

普通の選手なら引退を考える年齢ですが、
彼は36歳の時にウィンブルドンで優勝。

なぜそのような結果を
出すことができたのかと言うと、

彼が”客観的なデータ”を得る努力を
していたからと言われていますね。

 

これは実はブログでも同じで。

私のコンサル生のきこさんは、初月からどんどん記事を更新して順調にブログを育てて、

3ヶ月目には19万6千円達成。
(ほぼ20万円ですよね!)

教科書のように
素晴らしい伸びを見せていたのですが、

ブログを実践していくうちに、

「ブログを書いたのに
 思うようにアクセスが集まらない…」

「どんな記事を書いたらいいのか
 わからない…」

という、いわゆるスランプ状況になってしまい、

だんだん

「私なんて・・・」

というネガティブな思考に陥ってしまいます。

めい
…うんうん、私もブログ始めた頃は
ホントに凹みっぱなしだったから
すごくよく分かります。 

 

そんなとき、きこさんが取った行動は、

「客観的に自分を見る」

ということでした。

ブログが思うように伸びない…
と悩んでいたきこさんに、

 

「そのネガティブに陥っている状況を客観的に受け入れてみて!

人間はもともとネガティブだから、落ち込んだり凹んでしまうことはある。

「そういうもんだ」と思ってそういう自分を受け入れると淡々と行動できるようになりますよ」

と、アドバイス。

それから、
きこさんは冷静に自分の感情や状況を客観的に分析。

今やるべきことはこれだ!
ということに自分で気がつくことができ、

新しい知識の吸収やブログ更新という行動につなげることができました。

もちろん最初は、

「そんなこと言っても仕方ないじゃないか…!」

と、えなりかずき君みたいに感情を整理することは難しかったみたいです。

ですが、

ブログでネタが思いつかない時も、

『ライバルも分からないながら書いてるんだから仕方ないよね!』

と、割り切ることができて毎日の更新に集中力が増したり。

教材やYouTubeでマインドセットの音声をひたすら聞き込んで、雑念を振り払ったりしていたようです。

きこさんは自分のネガティブさを利用して、

「きっとみんなもこんな感じだろう…!」

と想像することすることで、原動力に変えていったんですね。

その結果、ブログで月収44万円を達成。

今では、

ブログ以外の収入にも挑戦できるよう、もっともっと経験や知識を蓄えたい!

と奮闘しています。

 

自分を客観視するってなかなか難しいのですが、

ジョセフ・マーフィーというアメリカで活躍した牧師も、

人間の心は放っておくと、九割は否定的方向に傾いてしまいます。

だから常に肯定的思考を身につけなければなりません。

と述べています。

人間はそもそも否定的になりやすい、だから肯定的になれるように客観的に見るという視点を自分の中に持っておけるといいですね!

だから、
今もしあなたが・・・

ブログにアクセスが
集まらなくて凹む…

なかなか収益につながらなくて
モチベーションが上がらない…

ブログ書くのが辛い…

そうしたネガティブな感情を持っていたら、

一度その感情を受け入れてあげて自分を客観的に見てみる。

そうすることで、冷静に自分のやるべきことを判断することができるようになり、

ブログで収益を出すために淡々と行動できるようになるし、

ブログで収益を出すことだけでなく、人間関係や、日頃の生活の中にも活かしていくことができるようになりますよ!

逆に、

「自分はポジティブだ!」と自信がある人も大変だったりします。

そもそもビジネスなんて浮き沈みがあって当然の世界。

 

普段はポジティブな人でもピンチな時にそれを発揮できるかは別問題。

「あれ、いつもは上手くいくのに…」
「あれ、今日は乗り気にならないぞ…」

と慣れていない現象にパニックになりがちです。

そうやって考えると、私のようにネガティバーは強いんです・笑

いつだって最悪の想定をしたり、常に気持ちの揺れと戦っているので逆風に吹かれてきた歴が違うんです…!
(自慢することなのか分かりませんが…!)

重要なのは、

”ネガティブな感情を利用する”

ってことですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA